飼い猫を健康に育てるには、まずはストレスにならないように。

猫が一番ストレスかかるのは引っ越しだと思います。
猫は居場所が変わると背を低くして警戒しながら家のなかを探検します。

まだ子猫なら気にはしませんが、とくにシニア猫とか、神経質な猫は引っ越しのせいで、体調を崩します。
うちは、それで二匹亡くなりました。どちらもシニア猫でした。

引っ越しはしたくなかったのですが、事情があり引っ越しせざるを得ませんでした。
一匹は免疫が落ちたのか口内炎を繰り返し食欲がなくなり亡くなりました。

もう一匹は、健康診断をうけたばかりなんですが、ガンが見つかり亡くなりました。
引っ越しするまで食欲もあったんですが、引っ越しした途端に食べなくなりました。

できれば引っ越しは避けたかったのですか、仕方ないことでした。
ストレスがかかると免疫が下り、色んな病気が出てきますから、怖いです。

あとは、キャットフード選びです。やはり高いフードは栄養価がしっかりして、塩分もきちんとされてます。
以外と高いフードとか、動物病院で頂くフードは食べなかったりします。

普通に売ってるフードは食い付きがいいのは塩分が高いから食い付きがいいんですよ。
だからって、高いフードばかりをあげるのではなく、普段たべてるフードはそのままあげて、メインに栄養価の高いフードをおすすめします。

人間の食べるものは絶対にあげないのが健康の秘訣です。

おすすめ⇒ペット 薬